離婚とは?


離婚する時に問題になる親権について

離婚をする時、お子さんがいる場合は親権の問題が発生します。
基本的には母親の方が持つ事が多くなっていますが、絶対に母親でなければいけないというルールはなく、父親が持っていても良い事になっています。
ただどちらも親権を譲る事が無く、問題は平行線をたどったまま一向に解決しないという事も珍しくありません。
そういう場合は離婚問題を扱っている弁護士に相談してみるのも一つの解決法です。
弁護士に相談すると、どちらの親が子供の面倒を見る方が子ども自身が幸せなのかを考えてくれます。
そして第三者から見てベストだと思える解決法を提示してもらう事ができます。
勿論親権を持つ事ができなかった方の親に関しても、子供と会う事ができる等のルールを決めてもらう事ができるので、両者にとって満足できる結果にしやすくなる等のメリットがあります。
また離婚問題も比較的早期に解決するので、時間やお金の節約にもつながる為、親権の問題を弁護士に相談して解決している人は少なくありません。

離婚の時の親権問題

ひと昔前はまだ、離婚はとても恥ずかしい事で世間体を考えると中々思い切るこ事が出来ませんでしたが、今や3組に1組が離婚する時代となりました。
しかし離婚するに当たって不動産や預貯金はたまた借金問題などなど問題は山積みですが一番の問題はやはり、親権問題では無いでしょうか?子供の居ない夫婦はお金の面さえ割り切れば思い切る事は容易いこと、しかし子供が居るご夫婦となれば話は別です。
離婚の原因にもよると思いますが、子供の将来を考えたらと踏み止まる場合も有ると思います。
余程の理由が無い限り親権は母親の方に成りやすいですが、しかし離婚してからの子供の教育資金、生活費の事など考え出すと中々踏み切れない方も中には居るのでは無いでしょうか。
子供の為に、子供が自立するまでは、と我慢する母親も中には有ると思います。
反対に、親権が父親の場合経済的な面は問題無いでしょうがやはり子育てと成れば大変だと思います。
父親の親との同居の場合はある程度面倒は見てくれるでしょうがやはり親も年老いて行きます。
子供も思春期にも成れば母親を恋しがるかも知れません。
まして、子供が女の子の場合はやはり母親が居るのと居ないのとでは大きく差が出て来ます。
何はともあれ、一番の問題は親権問題だと思います。

Valuable information


沖縄の完成見学会

Last update:2019/5/9

copyright(c) 2015 「離婚にそなえて」 all rights reserved.