離婚とは?

離婚の時は財産分与をしっかりと

夫婦の財産は互いに協力して築き上げたものと解されますから、離婚するときは平等に分けることが基本になります。
そのためには、何が分与の対象になるかを把握しておかなければなりません。
夫婦の共有名義になっている不動産は当然ですが、どちらか一方の名義になっている銀行預金や有価証券や自動車であっても、実質的に夫婦が協力した結果であるなら、分与の対象になります。
もちろん家具などの動産も平等に分けることになります。
ただし離婚前に別居期間があった場合、別居している間に一方が取得した財産は分与されません。
また別居していなくても、相続など夫婦の協力とは関係ない形で得られた財産も対象にはなりません。
このほか結婚前から一方が所有していた財産も対象外です。
分与の割合は、専業主婦であっても原則として2分の1になります。
離婚後の生活の安定のためにも、必要なら弁護士に依頼するなどして、しっかりと分与を行なうことが大切です。

離婚の時に問題になる財産分与について

夫婦で築き上げてきた財産は、離婚する時は分割する必要があります。
しかし夫と妻、どちらにも言い分がある為に、両者の意見が反発し合ってしまいなかなか問題解決には至らない事も少なくありません。
財産分与に関しては、個人的な感情も確かに関係してきますが、やはり法律に則って解決する事もとても重要です。
しかし素人の場合はどれくらいの割合にするのが妥当なのかが分からず、結局感情に任せて話し合いにすらならない事もあります。
その間に弁護士に入ってもらえば、冷静に話をする事ができるので問題自体も早く解決する事ができるでしょう。
勿論法律や今までの事例に従って解決する事になるので、離婚する2人にとっても最も納得できる妥協点を見出す事も可能です。
従って、離婚で財産分与等がある時は弁護士に相談する方がメリットがあると言えます。
もしうまく解決しそうにない、ある程度の財産が有るという時は自分たちだけで解決する事に固執せず、弁護士に相談するのも賢い選択と言えます。

おすすめWEBサイト


胡蝶蘭

最終更新日:2019/7/18

copyright(c) 2015 「離婚にそなえて」 all rights reserved.